黄金比率を掘り下げてみます 2


さて、黄金比率、掘り下げたい!ですが

前回、参考にした比率のマスク・・

この比率にピッタリおさまっていればいいのか?

それも好みがあると思います。

比率はあくまで基準の参考資料のようなものです。

これにならないと!

というわけではないということです・・・

これがすごく重要なことで

そこばかりに固執してしまうと

本来の目的、自分で綺麗になって自分に自信をつける!ということから外れていってしまいます。

それに少しずれているほうが魅力がある!

と個人的には思っています。



もともとこの美容マスクは

形成外科医のスティーブン・マーコート博士という人が

黄金比率に基づいた美しさを分析して、開発したマスクです。

なので美容手術やメイクを確実にしたい!という目的のためのものです。

これが基準になれば・・・ということですね。


人には顔の好みが、誰しもあると思います。

日本人的な顔

外人のような端正な顔

男っぽい顔

女性っぽい顔

マスクには男性用と女性用があるのでどちらか好きな方の比率で確認してみたら・・


そう考えると色々、広がっていきます。



Catherine Zeta-Jones

また写真をおかりしますが・・・m(_ _)m


なんだかピッタリですね・・

日本人のように眉と目の間隔が広くはなく

とても狭いです。

このマスクはやはり外人の顔、大人顔を基準に作られていると思います。

日本人の好みの基準に合わせると大人すぎる?

のでしょうか?

印象としては男性的な要素がある顔?だと思います。


この眉と目の間隔が成り立つのは目が奥に入っている

そういう骨格だからです。


こういう人をメイクするときはアイシャドーをかなり濃くしてもほとんど吸収されます。

一般的な日本人の目に、このメイクをするとかなり凄いことになります。


もう一人、

Audrey Hepburn

こちらのほうが日本人の好みなのでしょうか?

同じような比率でもかわいいい印象があります!

前髪と眉の形、眉の角度

それだけでも凄く印象を変える事ができるのです!

・・で比率も変えることができるということですね~

ほんとうに微妙なものですね・・顔って



黄金比率の他に、日本人が好むと言われている

白銀比というのがあります。

白銀比は黄金比率よりも縦の長さが若干短い!

顔でいうところの黄金比率よりも若干、丸顔に近い!という比率です。

そちらのほうが可愛い!印象になりますね。

まさに日本文化!

可愛いものが良し!とされます。

それはそれでいいのですが、そこは好みの問題だと思います。

どちらを目指すのか・・・

一つの基準として自分の顔を観察してください。



0コメント

  • 1000 / 1000

美人への1ミリの変化

Hair&Make 松本あきお ヘアメイクという仕事を長くやってきていつも疑問に思っていたこと、それは・・・・なぜ女優さんはずっと綺麗でいられるのか?なぜ俳優さんはずっとかっこよさをキープし続けていられるのか? ずっと考えていました。 その法則がわかれば誰もが美人になれる! 外見から綺麗になって 自分に自信をつけたっていいんじゃない!