beautiful ambition セミナー

気まぐれに更新していてすみません<m(__)m>


大雪です!!


何年かぶりの


早めの帰宅です!!それが一番!!



さて・・・顔のお話

顔というのは変化が出にくいし、自分では変化がわかりにくい場所です。

顔はボディーと違って毎日、鏡で観ます。その鏡で観るという行動が変化をわかりにくくして、「こんなものか?」という慣れ(あきらめ)に変えてしまいます。

そして一日のうちで、顔は朝方から夕方にかけて変化していきます。

それがまた顔の変化をわかりにくくしています。



beautiful ambitionセミナーが始まっています!


人はなぜ綺麗になりたいのか?


それはもてたい、若くいたい!他人からの評価が気になる、誰かのため、など色々あるとは思いますが、その目的別に合わせて綺麗になっていくことを指導、サポートしていくというのがこのプログラムです(beautiful   ambition)

近年、女性は自から世に出て男性に交じり目覚ましい活躍をするのが当たり前の時代になってきました。

女性として世で活躍を目指し、自立して精力的に生きていくタイプ

そういう女性にはできる女性像をイメージしてアシストしていく。いわゆるできる女性を作る。

例えばいくら社長になっても女性の魅力をなくしてしまって、男か女かわからないようになってしまっていたら?

女社長!美人のほうが社員もやる気が出ます!!

 

もうひとつの女性のタイプ

中にはひたすら自分の理想像の男性と巡り合うことを願ってやまない女性もいます。

ブルゾン・・・

待つの!!

待つ女性です。

待つ女性は美に磨きをかけて、クモの巣をはるかのようにひたすらずっとまつ!

表現が悪くてすみません。

その待つ時間は美と健康に時間を費やし、美を追求している女性。

そういう女性も相手のほうから近寄って来た時にそなえ常に美人であるべきです。


色々なタイプの女性のニーズにあった美人を作り上げることを考えていくべきです。


◆内面的効果

߸立正大学心理学心理学研究年報によると

内面が外見を作り出すだけでなく、外見が内面を作り出す可能性を示している。

また、外見の変化は他者に与える印象を変化させ、他者からの新たな反応を引き出し、その反応を受け取って個人は自分が期待される立場や役割をますます強く認識し、この認識が自己の外見や立ち居振る舞いをそれらしく変えていく、一種の「自己成就的予言」の過程である。

理想の顔と理想の性格の間には正の相関があることを明らかにした上で、メイクによって理想の自己イメージを顔に表現することで、心自体も理想に近づくのではないかと見解を述べている。

このように、メイクがイメージする自己像へ導いてくれる可能性もある。

また、メイクの良し悪しに関わらず、他者からの評価が低い場合には、メイクの効果はマイナスに転じる。そのため、自己の顔形態の特徴を認識し客観視できていること、その上で望むイメージに合わせたメイクをしていくことが重要である。

メイクが上手く作用すれば、従来から指摘されている化粧の対人的効用を得られ、延いては、心の健康という効用も得られる可能性もある。

baでは実際に理想の顔と理想の性格が一致するような相乗効果をもたらすプログラムを提案します



アイブロー編のセミナーの様子を・・

アイブロー(眉)について徹底しての2H

全4コースでアイメイク・ベーススキンケア・顔の筋肉トレーニング


何よりも大切なことは自分で美人になれること。












0コメント

  • 1000 / 1000

美人への1ミリの変化

Hair&Make 松本あきお ヘアメイクという仕事を長くやってきていつも疑問に思っていたこと、それは・・・・なぜ女優さんはずっと綺麗でいられるのか?なぜ俳優さんはずっとかっこよさをキープし続けていられるのか? ずっと考えていました。 その法則がわかれば誰もが美人になれる! 外見から綺麗になって 自分に自信をつけたっていいんじゃない!