Matsumoto Akio

ヘア-サロン・ボナミにて美容師を始め、ヘアスタイリストとして5年間サロン活動

ヘア-メイク野村真一氏のアシスタントを経て

ヘアメイク事務所アトリエ・シンに11年間、所属。

独立後 ヌーデ所属 

記事一覧(77)

2ヶ月でどこまで変われる?アイメイク

この方は最初にベーシック初級コース全過程を受講していただきまして・・ なので 2ヶ月コースをやる前に一度、コース説明と毎日のルーティン科目、流れを説明してから一度も、お会いすることなく (忙しくて結局お会いできずm(_ _)m)SNSでの連絡とレッスンのみで全てご自分でここまで美人になられました (それぞれ個人差はあります) 写真はご自宅で、同じ場所でなるべく同じ光のもとで撮影していただきます。アイブローで顔のバランスが整ったきれいな人という印象を与えることができました ◆アイメイクはどうでしょう!ほとんどの人は左右の目の大きさに違いがあります。年齢を重ねると、よりその差が大きく表れます。やはり骨格のひずみ、表情グセ、生活習慣などからくる左右差が大きくでてきます。目は眼輪筋を鍛えるなど(他にも色々あるのですが) して、その左右差を少なくなるようにトレーニングしていただきます。普段意識をしているだけでも結構、変わるものです。1ミリ、目が開いていれば印象がかなり違うのですから ba受講後1週間の写真をみていただければわかりやすいのですが向かって右目のほうがほんの少しだけ小さい。二重の幅です!向かって左目のほうが二重幅が広いですね!これを眼輪筋のトレーニングなどしながら、左右差をなくしつつ、メイクでより同じ大きさに近づけていきます。二重の幅の差がわかりやすいというのは、目頭から目尻に向かって黒目の上辺りまでの幅の違いがわかりやすいのです。なので 2ヶ月後の向かって左の写真のように!目頭から1センチくらいまでダークなアイシャドウでグラデーションを入れます。あまり大きな幅にしないように真ん中に向かってぼかします。そうすると目を開いたときに左右差がわかりにくくなるのです。二重って線ですから!くっきり出ていると目が大きくみえます。これは錯視というものなんです。本当は左右の目は同じくらいの大きさなのに、二重が深いほうが大きく見える錯覚というものです。ダークなアイシャドウでグラデーションを作ることで二重の深さが左右とも同じ!というような錯覚をさせることができます!ただ目頭のアイシャドーの入れ方次第では左右の目が近寄って見えてしまうのです じゃあどうするの?また次回に◆そしてセミナー情報◆…………………………4/10(水)渋谷プライベートセミナーベーシックアイブロー19:00~詳細はお問い合わせください

WANTED!アイブローだけでどこまで変わる?

こんにちわ!昨日は表参道のEverything Sladというレストランでランチ&アイブローセミナーを行いました!!なぜ、ランチと一緒に?なぜなら、僕がセミナー終わった後にみなさんとお話をしたかったから!?セミナー中は皆さん、集中して必死になられます!眉だけでも何十分もの間、鏡の中に入り込んで集中されます!!beautiful ambitionのセミナーは結構ヘトヘトになると評判です(^^)その分といってはなんですが、終わる頃にはパーフェクトなアイブローが完成するんです。そして理論が理解できているので家に帰っても毎日、再現できる!!という仕組みになっております。たまにはじっくり自分の顔と向き合う時間が必要なのではないかなあ?と思うのです!!さてランチの時間!とにかく話がとまりません。女子って凄い!間が空くことなくずっと話し続けていらっしゃいました。僕がなかなか入っていけないほど延々と・・・もっと聞きたいことがたくさんあったのに!おいしいランチとシャンパンで盛り上がりました!ので、ま~いっか~!みなさんが喜んでくださればまた次回開催で色々、お話を伺いたいと思います(^^)MAIAMのセレクトワインをお土産に皆様!また次回お会いしましょう(^^)◆受講された方がこうやって投稿してくださいましたこのWANTEDな感じが最高です(^^)

#ご挨拶 1ミリの変化で美人になれる!

こんにちは、beautiful amnbition代表の松本あきおです。皆様に是非!購読をしていただけたら嬉しいです。このbeautiful ambition(ba) というメソッドプログラムを始めたきっかけなんですが僕はヘアメイクという仕事を長くやっています。本来、ヘアメイクというのは美容師ではなく主に撮影メディアでモデルさん、タレントさんなどにヘアメイクを施す仕事です。もちろん美容師もやっていましたし、国家資格も持っています!ファッション界も芸能界も華やかな世界です。アシスタントからこの世界に入ったわけですが、当時は凄い世界に入ってしまった!世の中にはこんなに綺麗な人たちがいるんだ!!と毎日、驚いていたのを覚えています。その人達は何年も変わらず、ずっと綺麗を保っているのです!そうやって多くの女優さん、俳優さん、タレントさん、モデルさん達と仕事をさせていただきました。ヘアメイクという仕事はただ撮影で、ヘアメイクを施すというだけではありません。撮影現場にいくと、他のスタッフさん達よりも最初にその日の被写体となる方と一番近くで会話をし、ヘアメイクを仕上げていくという作業が始まります。もちろん技術を売る職業なので技術力というのは必須ですが、会話というのも重要な役割を果たします。忙しいタレントさん達とコミュニケーションをとるという事で、撮影前の緊張をある程度なくしてあげるというようなこともしなくてはならない時が多々あります。撮影現場に入って最初に接するわけですから、そこから彼女達のテンションをあげるには技術が一番!その後、コミュニケーションです。何も話さなくても女優さんの中には、ヘアメイクがばっちり決まれば、やはりプロの方なのでテンションがあがってくるのは当然です。でも会話も楽しくてリラックスしてもらうという事に越したことはありません。そんな中で、その両方がうまく合点したりするとその後、何度かそのタレントさん達から次の現場にも来てほしいという依頼があったりします。色々な方々とお仕事をご一緒させていただいているうちに、一つの疑問を抱えるようになりました。なぜ、この人たちはこんなに美人を保っていられるのだろうか?なぜこんなにかっこよくいられるのだろうか?最近は男性も美しいといえる方々が沢山いらっしゃいます。なぜそれを長い間キープし続けることができるのだろうか?私たち、一般人とどこが違うのだろうか?そんなわかりきったような疑問を持つようになりました。一言でいってしまえば、もともと綺麗だからです。でも、もともと綺麗な人というのは世のなかに沢山いらっしゃいます。ただ、現在活躍している方々は長い間、綺麗をずっとキープしているのです。私たちの中では、学生の頃、すごくもてていたとか若いころはカッコよかったという人達が沢山いらっしゃいます。そんな中でもよりすぐりの何かオーラみたいなもの、とびぬけた何かを持っている方々が選ばれてこの業界で活躍されているのも事実ですが、それでもみなさん、綺麗をキープし続けているのです。それが職業であるのですから、キープし続けないといけないのは当然といえばそうなのですが、 私たちとはどこが違うのか何が違うのかずっと考えてきました。その答えは人から観られ続けているという事でした。自分を客観的に観るという事が綺麗をキープできるということに繋がっているのです。自分を客観視してある法則でそこに向かうように努力すると誰でも自分の中での一番綺麗がキープできるのです。中にはそんな気力も時間もないという方が現代では多くいらっしゃいます。無理をしてやることでもありません。でも毎日、ちょっとの時間でもいいのです、気にかけているだけでも違いがあらわれます。疲れきってしまい、何もしたくないという時もあるでしょう。自分の中での一番綺麗をちょっとでも意識してもらえたら、人生が変わるかもしれません。それにちょっとでも近づいていったら自信がよみがえって、元気になるかもしれません。そんな方々にも是非、自分の中のエネルギーと自信を取り戻して、元気になってもらえたらと思います。そんな願い(ambition)から生まれたメソッドです。

黄金比率というもの

こんにちは!今日は黄金比率について考えたいと思います。顔にも、ヘアスタイルにも黄金比率というものが美顔の基準として使われることが多いですが・・・一般の方は黄金比率にそってメイクをしましょう!と言われても・・・あんまりピンと来ませんよね?実際によく使われているアイブローの描き方などそのとおりやってもあまりしっくりこない人が多いのではないでしょうか?アイブロー、アイメイク・・比率にそって描いてみても実際、しっくりこないことがほとんどだと思います。なぜなら・・よく解説されている、黄金比率によって美人を手にい入れましょう!というのはもともと、黄金比率に近い顔の人にとってはメイクをする際にとても良い指標となるのですがそうでない人にとっては部分的にそのとおりにやってもしっくりこないのです。比率に近い顔を持っている人は、ほんとうに数ミリの足し引きで比率に近づきますがそうでない場合は逆にメイクをした部分だけが強調されすぎたりします。なので部分的に比率をあわせてメイクを施すのではなく顔全体の比率、鼻の位置、リップの大きさ、などをトータルでみてメイクをしないとだめなんです!!そのためにまず自分の顔を知ることが必要です。これが最も重要です!真逆のことですが・・ぼくはファッションの撮影などでモデルさんの顔を作るときにいかに黄金比率から外して作るか!ばかり考えてきました。そうじゃないと面白くないからです。もともと比率に近いモデルさんたちをより綺麗にして写真に撮っても面白くないのです(撮影のコンセプトにもよりますが(^o^)ですからわざと、どこかを極端に外したりします。でも!それはメイクをするとき、頭の中に黄金比というものが自然と組み込まれていてそれがわかっているがゆえに外せるということです。ただ、考えると一般の方々にその外しをやりましょうといっても無理ですし意味がありません。なのでまずは左右対称、黄金比に近い顔を作り上げることが先決なのです。時代ごとに流行しているメイク・・・例えば、太眉、アヒル口、極端に大きい目などそういったものが生み出されるのは、その黄金比というものを頭のなかで感覚でとして完全に認識していて、それをなんとかして崩そうとする人たちがそういった流行を作り出しているのだと思うのです(^o^)

冬の乾燥と筋肉

こんばんわ!暖かくなったり、急に冷え込んだりと体調管理が大変ですね冬って心も冬に入るのかな?みなさんモチベーションが下がっているような気がします。今日は打ち合わせで表参道にとにかく寒かった!僕は仕事柄、他人の顔をつい観察してしまいます。すごい人混みでしたが、これだけ寒いと皆さん、下を向いて歩いている人が多い。顔の筋肉は寒いと収縮します。収縮すると血行が悪くなってあまり表情筋を使わないようにしてしまいます。さらに筋肉がコリを生じて疲労します。悪循環です!なのでどうしても暗い顔になりがち!さらに東京はこのところ、ほとんど雨も降っていませんね。すごく乾燥しているんですねBAD条件満載!毛穴を引き締めるために冷やすのはいいのですが乾燥はだめです。東北地方(秋田美人)の人たちに美人が多いといわれるのも、やはり湿度と大きく関係しているそうです。それから島根県は素肌美人NO1に輝いています。僕も島根県にいましたが、とにかく湿度が高い!雨が多いのです。しかも山陰地方というだけあって山陰で日照時間も少ないのです。冬の乾燥にはやはり保湿です。夏も冬も保湿は大切ということですね。パックをしてください。パックって結構、効果ありますよ。メイクののりも違います。撮影の仕事でモデルさんがメイクの発色やファンデーションののりがいいときは「何を使ってるの?」と必ず聞くようにしています。色々、教えてくれますが、やはり保湿には徹底して気をつけている人がほとんどです。保湿をしっかりしている人はメイクの発色がよく、ファンデーションのよれがほとんどありません!長時間の撮影になるとその差は歴然とします。それから顔の筋肉も動かしましょうね!表情筋は動かさないと、どんどん緩んできますよ身体の筋肉と同じです。顔のストレッチ!やってくださいね。美味しいものをたくさん食べて、運動して元気になってください!◆打ち合わせでいった、表参道の金田中美味しいものをたべると幸せを感じます!お昼のランチ!

顔の歪と表情グセ

年齢を重ねていくと、顔の歪みなどが表れやすくなってきます!噛み癖、骨格のゆがみ、表情グセなどにより気づかないうちにその歪みが進行していきます。それはなぜか?一番は・・・自分をあまり気にしていない、気にしなくなったという、あきらめからくるものじゃないですか?では、なぜ、芸能人はいつまでも綺麗な顔を保っているのか?それはずばり!!気にしいるからです(^o^)カメラ写り、自分が映る映像。人からみられている意識を常に持っているからです。常に話し方、セリフの伝え方、表情を客観的に意識して、観る側目線で自分を観ているからです。だって、言葉や身体で表現する仕事ですから!それを常にやっていることで年齢を重ねても左右の対象が崩れにくくなっています。そして、またより良い、表情で観客を魅了するために、常に訓練をしています。アナウンサーもそうですね。綺麗な言葉を発する!→綺麗な顔になる!!綺麗な笑顔を作る→綺麗な顔になる!!お笑いの方は、あまりそういう事を気にしている方は少ないようですが、でも表情豊かに表現をする、パフォーマーであることは間違いありません。あのパフォーマンスを常にやっていると顔の筋肉の衰えは最小限になり、いつまでも歪みの少ない顔を自然と維持できているのではないでしょうか?顔の筋肉は使わないと衰えていきます。若い頃は細胞が新しく、それほど気にしませんが、年齢をいくとともに、声をはってしゃべることもなくなっていき、大笑いもしなくなっていき、いろんな癖が重なって、歪みが生じる。それもおおきな要因の一つと思っています。顔の筋肉を普段あまり、使わなくなってきたなら!鍛える!鍛えればいいんです!!これこそが顔のバランスを保つ上で、重要なことです。メイクをするにあたって、顔というキャンパスが綺麗で若く保たれているほうが、色の発色、ベースののり、全てにおいて確実に差が出てきます。顔というキャンパスを常にいい状態に保つことがとても重要です。顔のシワ、たるみは、ないにこしたことはありません。身体の筋肉は何歳になっても鍛えることができ、そして成長していきます。顔の筋肉も同じです。鍛えていれば何歳になっても衰えを最小限にすることが可能です。顔の筋肉は少なくとも、30種類位上あると言われています。顔は身体の中でも小さな筋肉なので、鍛えやすいのです~(^o^)☆baインストラクターの福代さん!顔のトレーニングのプロです!努力って大切!!

季節はずれですが

ハワイの日差し!ブログにするのを忘れていましたが・・先日はハワイへ(^o^)気温は低めで、汗ばむこともなく刺すような暑さはありません。ただ雨が多くて、急に降ったりやんだり雨が降ると急に寒くなります。なぜならTシャツだから毎日、Tシャツで過ごしていました!Tシャツしか持っていってなかったので程よい気温にあぐらをかいていたらまんまと日焼けをしました数年ぶりのハワイ甘くみていた! 忘れていた!痛い!ずっと昔はローカルっぽくみられたくて、ハワイに到着したらすぐにビーチでサンタン!ってやっていたのにその結果、サンーバーンっとなって、痛い!って経験を何度もしてきたのに一緒に行った友達はかなり焼き込んで結構な赤鬼状態!何日か後には目の周りの皮膚がカサカサに(*^^*)ちょっと白い点を爪でピッtpとめくったら・・・次々にめくれてきて、目の周りがほとんど真っ白になってしまった(^o^)もう笑うしかない!(^o^)その彼はその後、ずっとサングラスで外出!ま~かなりローカルな感じはありましたが・・ハワイ!サンタン今回もやってしまった!結構なダメージ!日本に帰ってきてなかなかの焦げっぷりに驚いた!メラノサイトから作られるメラニン色素がたくさん出た!黒褐色の色素のメラニンは、肌をかなりブラウンにします。ターンオーバーの乱れを回復させなければ早々に冷蔵庫にあるパックで冷やす!ターンオーバーが乱れると、メラニンが蓄積されてシミなどの色素沈着が起きてしまいますそれから保湿にはやはりパックがいい!美容液の入ったパックでしっかり保湿してください日焼けしてしまったら、何はともあれ冷やす!です。ハワイにもパックを持っていってよかった!なんとか被害は最小限に収まりました!◆ホノルル美術館をご紹介します人も少なくとても鑑賞しやすいです中庭はなんだか落ち着く空気が